72弁響体(ケース)のご紹介

 

①イタリア象嵌シリーズ

象嵌細工で模様を表現した木製品製造が有名なイタリア・ナポリ近郊のソレントから直輸入した響体(ケース)です。

「象嵌細工」とは、色んな木片を使いはめ込んで模様を描く技法のことで、まるで絵画のような美しさを表現しています。

木目や色目の違いなど、木ならではの様々な表情を楽むことができるオルゴールです。
伝統的かつ、エレガントな図柄が描かれた響体とORPHEUSの音色を是非お楽しみください♪

【EX313】オルフェウス 象嵌(ブラウン)
サイズ:W363×D197×H91mm

EX313 

72弁の曲目一覧はこちら 

 

②木製BOXシリーズ

 木製のシンプルな響体をご紹介させていただきます。

【EX358】天窓オルフェウスBOX
天面がガラスになっているため、ムーブメントを常にお楽しみいただけるシンプルなBOXとなります。
オルゴールの演奏だけでなくインテリアとしても最適です。
サイズ:W250×D150×H60mm

EX358

【EX363】突板仕上げオルフェウスBOX (ブラウン)
木目の美しいが際立つ突板仕上げで、蓋を開けるとカットガラスが煌めくコンパクトなBOXです。
サイズ:W280×D140×H85mm

EX363

【EX385】ウォールナットオルフェウスBOX
家具などにも使われるウォールナットは木目が美しくずっしりとした質感。
音の響きも重厚で、落ち着いた演奏をお楽しみいただけます。
サイズ:W250×D135×H80mm

EX385 

72弁の曲目一覧はこちら 

Back to the top